Ruruacoteの職人naoです

袖丈が長すぎるジャケットやコートはもらい物を着ているように見えてしまいますよね?

少し袖丈を詰めるだけで、すっきりした印象になりますよ!

今回は袖を裏返して縫ってから縫い代をカットする時短の方法を紹介します!

ぜひ挑戦してみてくださいね。

裏地付きコートの袖丈を簡単に詰める方法

今回はベルトが付いていますが、詰める寸法が少ないのでベルト通し移動はなしです。

やりにくいのでベルトは取り外してから作業します。

印をつける

袖丈を詰める寸法の出来上がり線の印をつける。

チャコで印が付かない場合や、消えなくなったら困る場合はしつけ糸で印をつける。

ほどく

  1. 袖下の縫目を出来上がり線より5㎝位上までほどく
  2. 袖を裏返して、返し口の縫い目をほどく
  3. 返し口から袖を引き出す
  4. 縫い代の中とじをほどく

接着芯を貼る

袖口に接着芯を貼る

縫う

  1. 出来上がり線から4㎝位下(元の縫い目より詰め寸法分上)をミシンで縫う
  2. 縫い終わったら、1㎝~1.5㎝の縫い代を付けてカットする
  3. 袖下縫目をミシンで縫う・縦の縫目にきせをかける(5mmくらい)
  4. 上り線が左右同じになるように計って、少し上から袖口まで縫い代を中綴じする
  5. 袖口ステッチがないときは折り返し分と表を手縫いで縫い留める(表生地は1目すくう)

完成

  1. 返し口から袖を元に戻し、返し口をとじてから表に返す
  2. 袖口にアイロンをかけて仕上げる

 

まとめ

ちょっと気になるけど我慢して着ている時、少しお直しをすればオーダーメイドで作ったみたいに自分にピッタリの洋服になることがあります。

どうしても出来ない時は、Ruruacoteの職人に相談してみてくださいね!

洋裁に関するこんなお困りごとはありませんか?

貴方の気持ちに寄り添う
リメイク&オーダーのお店 
Ruruacoteルルアコテ
にご相談ください

  • 想い出の品を処分できない
  • お裁縫が苦手
  • 時間がない!代わりに作ってほしい
  • 少しの工夫で便利になればいいのに

LINE@からのお問い合わせが 便利ですお問合せはこちらから

お気軽にお問い合わせくださいご相談ご依頼はこちら