Ruruacoteの職人naoです

お気に入りのジーパン、どこかに引っ掛けたのか急にポケットが破れてしまったらがっかりしますよね。

破れた部分をあて布で補強してポケットを少しずらして縫い付ければあまりキズが目立たない感じに直る場合もありますよ!

ぜひ挑戦してみてくださいね!

破れてしまったジーパンのポケットを修理する方法

ステッチをほどく

破れた部分のポケットのステッチをほどく

あて布をつくる

修理する部分と似たような色の布をキズの大きさより少し大きめにカットし、周りにロックミシンをかけて始末する

貼り付ける

キズの裏からあて布をアイロン接着テープで貼り付ける

縫う

  1. 表側からキズの部分全体をミシンたたきする。針目は1.5㎜、上糸を緩めにして細かくジグザクに縫う
  2. アイロンで整える
  3. キズが隠れる位置にポケットを合わせて元の位置にステッチをかける(カシメの周りはミシンがかけにくいので片押さえに変える)

完成

まとめ

お気に入りのジーパン、自分で直せればいいですよね。捨ててしまう前に挑戦してみてくださいね!

どうしても出来ない時は、Ruruacoteの職人に相談してみてくださいね!

洋裁に関するこんなお困りごとはありませんか?

貴方の気持ちに寄り添う リメイク&オーダーのお店  Ruruacoteルルアコテ にご相談ください

  • 想い出の品を処分できない
  • お裁縫が苦手
  • 時間がない!代わりに作ってほしい
  • 少しの工夫で便利になればいいのに

LINE@からのお問い合わせが 便利ですお問合せはこちらから

お気軽にお問い合わせくださいご相談ご依頼はこちら