Ruruacoteの職人naoです。

ウエストベルトがきつくなってファスナーがあがらなくなったりボタンが止まらないパンツはありませんか?ウエストをゴム仕様に変えるだけで楽なパンツに生まれ変わりますよ!

今回は簡単にウエストがゴム仕様にできる方法を紹介します!

是非、挑戦してみてくださいね!

婦人パンツのきつくなったウエストをゴム仕様に変える方法

始める前の確認事項

このやり方ではファスナー開きは使わずにウエストゴムのみにして下から履く仕様のため、ウエストのダーツやギャザー、脇の縫い代で大きくできる寸法をすべて合わせてパンツのヒップの寸法と同じかそれより大きくならない場合はできません。

よく確認してから、ほどき始めてくださいね!

1.ウエストベルトを本体からはずす

1.パンツのウエストベルトを本体からリッパーなどを使って本体に傷つけないように丁寧にはずす

2.ダーツやギャザーなどはほどいて伸ばす(全部ほどいてみてウエスト寸法が自分のヒップ寸法+ゆとり分4cm位あればOK) 
 寸法が足りない場合は脇の縫い代で調整する。

3.裏地が付いている場合は表地と裏地をミシンで縫い留めて一体化させておく。

4.ファスナーがある場合は使わないので上をミシンで縫い留めておく

2.ウエストベルトを幅広ゴムで作る

1.3〜4cm幅のゴムを用意し、ウエスト寸法より4〜5cm位長めにカットする

2.出来上がりのウエスト寸法に合わせて輪になるように縫う(ゴムの端は折伏せ縫い)

3.本体にウエストベルト(ゴム)を縫い付ける

1.ゴムとパンツのウエストには4等分の合印を付けておく。

2.輪に縫ったゴムをパンツの内側に縫い付ける(4等分の合印に合わせて伸ばしながら縫う)
 この時ウエストの布地よりゴムが5mm位出るようにしておく。

3.縫い付けたゴムを上に起こして、表側からミシンステッチで縫う。

4.ストレスなく履ける、ゴム仕様のらくらくパンツが完成!

4.応用・まとめ

  • ウエストベルト付きのスカート(同じような手順でできます)
  • 子供のズボン
  • ワンピースやチュニックをカットしてスカートにする場合のウエストの仕上げ
  • 自分で簡単なスカートを作るとき
  • ファスナーが壊れてしまったけれど、取り替えないで履きたい場合


    少しの工夫でまだまだ活躍する洋服や小物があります。捨てるしかない!とあきらめる前に少し考えてみませんか?

    どうしても思いつかない時は、Ruruacoteの職人に相談してみてくださいね!

    貴方の気持ちに寄り添ういろいろな洋服お直しのアイデアを提案いたします。

洋裁に関するこんなお困りごとはありませんか?

貴方の気持ちに寄り添う
リメイク&オーダーのお店 
Ruruacoteルルアコテ
にご相談ください

  • 想い出の品を処分できない
  • お裁縫が苦手
  • 時間がない!代わりに作ってほしい
  • 少しの工夫で便利になればいいのに

LINE@からのお問い合わせが 便利ですお問合せはこちらから