おはようございます

Ruru acote の職人nao です

初心者向け、丁寧にしつけをかけるコンシールファスナー取り替えの方法です

。*:+゚+∴**。*:+゚+∴**。*:+゚+∴*。

①コンシールファスナーを丁寧に外す

②あきの長さより3㎝以上長いファスナーを用意する

③ファスナーをつける位置を粗い目のミシンで縫う

④縫い代をアイロンで割る

⑤スライダーの上端は出来上がり線か少し下げた位置にし、縫い目とファスナーの中心を合わせてまち針でとめる

表布まで一緒にとめないように、間に定規か厚紙などを挟むとやりやすい

⑥ファスナーを縫い代にしつけでとめる

⑦目打ちで粗い針目のミシンをほどく

⑧スライダーを下げる

⑨あき止まりより下までスライダーを下げる

⑩押え金をコンシールファスナー用にかえて、務歯を目打ちで起こしながら務歯のきわをミシンで縫う

⑪あき止まりの一針手前まで縫い、返し縫いする

⑫スライダーを上げて仕上がりを確認する

⑬しつけをほどく

⑭ファスナーテープを縫い代にとめる

  ⑮フリー金具をあき止まりより0.5㎝上に移動し、動かないようにペンチでとめる
  完成(“⌒∇⌒”)

洋裁に関するこんなお困りごとはありませんか?

ルルアコテにご相談ください

  • 想い出の品を処分できない
  • お裁縫が苦手
  • 時間がないので代わりに作ってほしい
  • 少しの工夫で便利になればいいのに

LINE@からのお問い合わせが便利ですお問合せはこちらから

お気軽にお問い合わせくださいご相談・ご依頼はこちら