おはようございます

Ruru acote の職人nao です

裏地つきの袖丈詰め(筒袖)*どんでん返し のやり方を紹介します

ちょっと分かりにくいかもしれませんが、慣れれば簡単に出来ます‼

今回は、2㎝詰めなのでベルト通しの移動はしていません。

移動する場合、ミシン目の跡が残ることがあるので気を付けて下さいね!

。*:+゚+∴**。*:+゚+∴**。*:+゚+∴*。
 
 

①出来上がり線に印をつける (印がつきにくい生地の場合はしつけ糸で印をつける)

 

②袖下の縫目を出来上がり線より5㎝位上までほどく

 
 

③袖を裏返して、返し口の縫い目をほどく

(袖下に返し口がない場合、脇または裾を1ヶ所ほどく)

 
 

④返し口から袖を引き出す

 

⑤縫い代の中とじをほどく

 

広げる

 

⑥袖口に接着芯を貼る

 

⑦出来上がり線から4㎝位下(元の縫い目より詰め寸法分上)をミシンで縫う

縫い代の所は返し縫いする

 

⑧縫い終わったら、1㎝~1.5㎝の縫い代を付けてカットする

 

⑨袖下縫目をミシンで縫う・縦の縫目にきせをかける(5mmくらい)

 

⑪上り線が左右同じになるように計って、少し上から袖口まで縫い代を中綴じする

(袖口ステッチがないときは手まつり)

 

⑫反対側の袖も同じように仕上げる

⑬返し口から袖を元に戻し、返し口をとじてから表に返す

⑭袖口にアイロンをかけて仕上げる

 

 

 

洋裁に関するこんなお困りごとはありませんか?

ルルアコテにご相談ください

  • 想い出の品を処分できない
  • お裁縫が苦手
  • 時間がないので代わりに作ってほしい
  • 少しの工夫で便利になればいいのに

LINE@からのお問い合わせが便利ですお問合せはこちらから

お気軽にお問い合わせくださいご相談・ご依頼はこちら