おはようございます

Ruru acote の職人nao です

 

裏地つきの袖丈つめ(筒袖)のやり方を紹介します

今回は、婦人ジャケット(裏地つき)の袖を6㎝詰めます①袖を裏に返して、袖口の裏地の縫い目をリッパーでほどく

②袖口から詰め寸法分上にチャコで印をつける

③しつけ糸で印をつける ( 表地だけすくうこと)

④裏に返して、千鳥がけをほどき、出来上がり線か折りしろ4㎝分下にチャコで印をつける

⑤表地を丁寧に裁断する

⑥接着芯を袖口の裏にアイロンで伸ばさないように接着する

⑦出来上がり線で折った幅と裁断線の差の分、縫い代を広げる

今回は

出来上がり線で折った幅…14.5㎝ 裁断線…14㎝

なので14.5㎝14㎝=0.5㎝

0.5㎝縫い代を広げる

⑧出来上がり線より5~6㎝手前からぬいはじめ広げた線にそってミシンで縫う

⑨元の縫い目をリッパーでほどく

⑩アイロンで縫い代を割る

⑪出来上がり線で折って、アイロンをかける

⑫出来上がり線で折り、縫い代をミシンでとめる

⑬ゆるく千鳥がけでとめる

⑭裏地を裁断する

裏地の元の折り目から詰め寸法分上に出来上がり線を書き、3㎝下に裁断線を書いて裁断する

⑮表地で縫い代を広げた場合は同じ寸法分、裏地の縫い代も広げる

⑯裏地の縫い代を出来上がり線に折ってアイロンをかけて、表地にしつけでとめる

⑰裏地をしつけ部分までめくり、奥まつりで内側を細かくまつる

⑱出来上がり線のしつけをとり、袖を表に返して仕上げアイロンをかけて、完成!

洋裁に関するこんなお困りごとはありませんか?

ルルアコテにご相談ください

  • 想い出の品を処分できない
  • お裁縫が苦手
  • 時間がないので代わりに作ってほしい
  • 少しの工夫で便利になればいいのに

LINE@からのお問い合わせが便利ですお問合せはこちらから

お気軽にお問い合わせくださいご相談・ご依頼はこちら